睡眠の大切さ!寝る子は育つ!

2018/11/30

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのジュンイッチーです♪

睡眠の大切さ!寝る子は育つ!

ダイエットする上で忘れてはいけない睡眠についてお話ししたいと思います!
皆さんがダイエットを始めようと思った際まず思いつくのが食事制限と運動だと思います。
もちろん食事も運動も非常に大切ですが皆さんが疎かにしがちな睡眠も実はダイエットする上でとても大切になってきます!

★寝る子は育つが、眠らない大人は太る!
米コロンビア大学の研究によると肥満度は7~8時間眠る人が最も低く、5時間しか眠らない人は肥満率が50%アップし、4時間以下の睡眠では73%も上昇します。
日本人の研究でも睡眠時間が5時間以上の人に比べて、5時間未満の人は肥満になりやすいことが分かっています。
睡眠時間が短いと肥満になりやすいのは、「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが崩れてしまうからです。
レプチンは食欲を抑えるホルモンで、グレリンは食欲を増すホルモンです。
睡眠時間が短いと満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えてしまいます。
8時間睡眠の人が睡眠を5時間に制限されるとレプチンが16%少なくなり、グレリンが15%も増えています。
そのため睡眠時間が短い人は食欲が増して太りやすくなります。
さらにグレリンが多いと高脂肪食や高カロリー食を好むようになります。睡眠不足のときにケーキやこってりしたラーメンが欲しくなるのはこのためです。

★ぐっすり眠ればしっかり痩せる
睡眠不足はダイエットの大敵ですが十分に眠れば体重コントロールもうまくいきます。
先に紹介した睡眠時間を削る実験が終わった後に、2日間続けて10時間の睡眠をとると、食欲に関するホルモンのグレリンとレプチンが正常値に戻りました。
空腹感と食欲の強さを表す数値も約25%減りました。
減量に成功してもその後に睡眠不足になると、リバウンドしやすいこともわかっています。
米シカゴ大学の研究グループが8時間半の睡眠を2週間続けた後、次の2週間は睡眠時間を5.5時間に減らす実験を行いました。
十分に眠った2週間で参加者全員が約3kgの減量に成功しました。
しかし睡眠時間を減らした2週間で、半数の人がリバウンドしてしましました。ぐっすり眠ることがリバウンド防止のカギと言えます。

★脂肪燃焼が行われない
睡眠中は成長ホルモンが分泌されます。脂肪を燃焼したり、筋肉や皮膚の修復を行ったり、疲労を回復したりするのも成長ホルモンの役目です。
寝ていれば常に分泌されているわけではなく、深い睡眠状態のときに成長ホルモンが分泌されると言われています。
そのため、睡眠不足で睡眠の質が落ちると成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。
すると、燃焼されるはずの脂肪が蓄積される、筋肉量が低下するといったさまざまなデメリットが起こってしまうのです。
コルチゾール」はストレスを感じたときにストレスに抵抗するために分泌されるホルモンで「ストレスホルモン」とも呼ばれています。
コルチゾールが増加すると基礎代謝が低下するため、ダイエットの妨げになると言われています。
また、睡眠中はコルチゾールの分泌が抑制されると考えられているので、質の良い睡眠を習慣づけることができれば結果的に太りにくい体作りにつながるのです。

睡眠の大切さ分かって頂けましたか?
寝る子は育つ!しっかり睡眠時間をとって、身体を休めダイエット&体調管理に努めてくださいね!

本日もご観覧ありがとうございました♪

横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!


今ならトレーニング
無料体験実施中!

Copyright(C) Secret Bay’s FIT All Right Reserved