トレーニングについて

2018/12/26

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのカメです♪

1日の食事は控えめにし、トレーニングをがむしゃらに頑張り、減量を成功させたい。それでもなかなかウエイトコントロールがうまくいかないときありませんか?
そんなあなたはトレーニング内容に合わせて食事メニューを組んでいますか?

トレーニングした日と休養日で消費エネルギー量に差があるように、食事の摂取エネルギー量もコントロールするのがアスリート的減量の成功のカギです。
トレーニングと減量中の食事メニューの組み方を紹介します。

筋肉量をキープしながら減量する食事メニューの考え方
アスリートの減量はダイエットと異なり、除脂肪体重を減らさず、体脂肪だけを落とします。
体脂肪の元となるのは体内で燃やし切れなかった余剰なエネルギーです。過度な食事制限や偏った食事は体内の代謝を下げるため、脂肪が燃えにくく、
リバウンドを招きやすくなります。食事内容とトレーニングをうまく組み合わせて、代謝を上げ減量しやすい体をつくることが大切なのです。
除脂肪体重とは…全体重のうちの体脂肪を除いた筋肉・骨・内臓などの総重量。

基本は1日3食、欠食をしない
体調を整えるためには規則的な栄養を補給をすることが必要だ。
一定以上の空腹状態が続くと、体は筋肉を分解しエネルギーとして使い始めてしまいます。また脳が飢餓状態と認識してしまうため、
脂肪を貯めこみやすい体質に変化してしまいます。

1日のなかで食事量のバランスを考える。
朝食・昼食は食事後の活動で消費されるためさほど心配はいりませんが、夕食を食べすぎてしまうと就寝までの間に消費しきれず、減量の妨げとなってしまいます。
1日のエネルギー摂取量がそれほど多くないのに太りやすい、痩せにくいと感じる場合は 夜ご飯をたくさん食べていないか確認してみてください。
また、夜ご飯は就寝3時間前を目安に食べ終えられるようにしましょう。就寝までに時間がないときは、消化しやすいものに変えるか、
量を減らすとスムーズに消化されます。

また、主食は選び方でさらに効果を上げることができます。
活動に必要な炭水化物はしっかり摂り、余分なエネルギーを体内に残さないように代謝に必要な栄養素を合わせて摂取しましょう。
白米は玄米に、食パンはブランブレッド(胚芽パン)に、パスタの麺を小麦から全粒粉にするといった工夫がおすすめです。
炭水化物の代謝に必要なビタミンB1や食物繊維を含み、体内への吸収が緩やかに行われるので、血糖値が上がりにくく、腹持ちも良くなります。

必要な栄養素を不足しないように摂取する
脂肪燃焼やカラダ作りに必要な栄養素は十分に摂取しましょう。減量中は摂取できるエネルギー量が限られるため、
必要な栄養素を多く含む(栄養価の高い)食物を選ぶようにしましょう。

本日もご観覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!


今ならトレーニング
無料体験実施中!

Copyright(C) Secret Bay’s FIT All Right Reserved