ボディメイキングに適している食材

2018/12/27

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのカメです♪

ボディメイキングに適している食材
本日は身体作りに有効な食材を書いていきます。

○ブロッコリー

トレーニング愛好家の間では定番の野菜。ビタミンやミネラルと言った栄養素はもちろんだが、このアブラナ科の野菜には体つくりに有用な成分が沢山ふくまれている。

まずビタミンCが豊富であることと、グレコシノレートという成分が含まれている。このグレコシノレートは咀嚼されることでイソチオシアネートという物質に変化し細胞をストレスから守る働きが期待される。強度の高い運動も当然身体にストレスを与えるのでしっかりと摂取したい。

注意点としては茹でる場合はスープなど煮汁を捨てない形で調理する。蒸すのが最も栄養の損失が抑えられるとされているので、電子レンジ等で蒸し野菜にするのが良いだろう。キャベツにも同様の働きがある。

○サーモン

タンパク質が豊富で良質の脂質(オメガ3脂肪酸)が含まれている。オメガ3脂肪酸には体内の炎症を抑え体脂肪の減少を促進する効果やグルタミン(筋肉中に多く存在するアミノ酸)の損失を防ぐことで筋肉の異化(分解)を防ぐ。

個人的には神経質になっていないが、筋肥大には運動ストレスによる炎症が必要なものであり、トレーニング後にこれらの脂肪酸を摂取することで筋肥大が抑制されたという結果もある。(気にする人は抗酸化作用のあるサプリなどをトレーニング後に摂取しない)

調理が面倒なら鯖缶などは手軽にタンパク質や良質な脂質を摂取できる。

○ナッツ、くるみ、アーモンド
これもトレーニング愛好家の間では定番の食品。良質な脂質(αリノレン酸など)を含みHDLコレステロール(善玉)を上げ、LDLコレステロール(悪玉)を下げる効果が期待できる。

タンパク質が豊富に含まれている。食物繊維や脂質によってタンパク質の消化に時間がかかるので間食で食べることで体内のアミノ酸レベルを一定に保つことが出来る。

○牡蠣(カキ)

カキはあらゆる食品の中で最も亜鉛が豊富に含まれている。亜鉛といえば味覚障害に関わっていることで知られているが、性ホルモンの調整にも関わっているのでセックス・ミネラルと呼ばれる。タンパク質の代謝にも関わるため、トレーニングに欠かせないミネラルの1つ。高価なのが難点だが、ぜひ取り入れて欲しい食品ですね。

○牛肉

タンパク質を多く含むだけでなく、亜鉛を始めとしたミネラルも摂取できる。牛肉の脂質の多くは飽和脂肪酸だが、適度な飽和脂肪酸の摂取はテストステロンレベルを高める。極力、脂身の少ないものを選びたい。コストがネック。

トレーニングやダイエットの為に人生の楽しみの大きな1つである食事を犠牲にしてはいけない。ジャンクフードを大量に食べるような食生活は考えものだが、極端に管理しすぎるのも好ましくない、管理しながらも食事の楽しみを失わない工夫をしましょう。

バランスの良い食事を楽しんで、カッコイイ体を目指していきましょう!!

本日もご観覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!


今ならトレーニング
無料体験実施中!

Copyright(C) Secret Bay’s FIT All Right Reserved