Secret Bay's FIT

高タンパク質、低脂質、低糖質が基本!!

2019/03/20

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのカメです♪

ダイエット中の食事は高タンパク質、低脂質、低糖質が基本になっていきます。

食事でオイル系のものを取らない分、髪が乾燥し、パサつく、皮膚や爪が乾燥すると感じている方も多いのではないでしょうか?

表面的な部分であれば外側から油分のあるもので補ってあげればいいのですがご存じの通り、タンパク質は髪や皮膚、爪などを作る一番の栄養素です。

ダイエットとは本来美容にとても効果的で意識的にビタミン、食物繊維を補い、水分をしっかり摂取することを心がけましょう。

ダイエット中はボディラインだけではなく、髪や肌の変化も見つめていき自分と向き合う時間を作って頂ければと思います。

髪がパサつくなどの乾燥を感じたらオイルの入った美容液を毛先にだけつけるようにしましょう。

運動によるダイエットを行うことによって新陳代謝が上がるので頭皮はしっかりと洗いましょう。

代謝がよくなると頭皮には老廃物が溜まりやすくなります。
そんなときはフェイス用のクレンジングで頭皮をマッサージするように洗ってみると重たい感じがとれてスッキリすると思います。

頭皮をよい状態に保つことが美しい髪を育みます。

次に皮膚ですがとくに顔の肌にはしっかりと化粧品のクリームなどの油分の入ったクリームでフタをすることが大切です。
肌は水分が足りなくなると過剰に皮脂を分泌し始めとくにTゾーンを中心にベタつきやすくなります。

その原因は実はその後のお手入れの仕方がとても大事になっていきます。

いつも以上に洗顔したりさっぱり系のクリームスキンケアをしてしまいがちですが本当の乾燥はこの後にやってきます。

ベタつきは一時的なものなので落としすぎないようにすること、「洗う」意識を持つのはTゾーンだけUゾーンは流す意識で洗顔していきましょう。

必要な物を残し不必要な物を取り除くためにはオイルクレンジングのみでWケアは避けましょう。
肌に必要なバリア機能や天然の保湿成分まで落としてしまうこともありマイナスになってしまいます。

できればメイクと洗顔が一本で落とせるもの、ジェルやミルクといった泡で落とせるものをおすすめします。
さらにそこから腸も食事から油分を取らないと潤い不足になりやすいです。
飲み物として水分をしっかりとり食物繊維の多いきのこや海藻類または乳酸菌の入っている食品を積極的に取るようにしましょう。

便秘が続くと肌も荒れやすくなるので注意しましょう。

また妊娠がわかったら自己判断でのダイエットは中止し必ず産科の医師に相談しましょう。

体重に気を付けながらバランスの取れた食事をとり続ける事が大切です。
つわりが治まる妊娠期間中期以降は減塩食を心がけたりまた高カロリーな物を控えて急激な体重増加にも気を付けましょう。

また便秘にもなりやすいので食物繊維が豊富な食材をよくとりバランスのいい低脂質な食事を心がけましょう。

本日もご観覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ




ウォーターサーバーのをご検討の方へ(ウォーターサーバー比較サイト)