Secret Bay's FIT

日常生活の中で大きな筋肉を意識して動かす大切さ

2019/03/26

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのカメです♪

○日常生活の中で大きな筋肉を意識して動かす大切さ!!

ここまで食事の仕方についてお話ししてきましたが、最後のお話は大切な筋肉のお話です。

日常生活で私たちは筋肉を使い、筋肉を動かすことでエネルギーを出しています。

エネルギーは大きな筋肉のほうがより多く出すことができます。

大きな筋肉を動かすことで、たくさんのカロリーを消費することができる!ということです。

前回の記事でも書いた通り、人間のメインのエネルギーは糖質です。

糖質を使い切った後に、脂肪をエネルギー源として使いはじめます。「高たんぱく質·低脂肪.低糖質」のダイエットを実戦し、食材や料理を選んで食事をしていると、常に糖質が少ない状態なので、エネルギー源はすぐに脂肪に移り、体脂肪を燃やしやすくしてくれます。

そこで、日常生活の中で大きな筋肉を意識して動かすことで、さらに効率よく脂肪を燃焼させることが可能です。

人間の身体はの大きな筋肉、「大腿四頭筋」「広背筋」「大胸筋」「大殿筋下部」の4か所です。

「歩く」「走る」「持ち上げる」「物を動かす」「階段を上がる」などを日常的な動きの中で、筋肉を意識することだけでもダイエット効果に差がでます。

○美しいカラダとは、筋肉と脂肪のバランスが取れている

女性に対しての「美の定義」を考えると、活動的であること、座ってきれいに見えるより立って歩いていてきれいに見える人が美しいと考えます。

街中でも動きのある女性に視線が集まります。

最近では肌がきれいでスレンダーで知的でユーモアがあり、その上、カラダにフィットしたファッションをかっこよく着こなす女性が同性である女性たちから支持されていると感じます。

そこで、独立心のある感じを出すためには、体脂肪率を成人女性の標準よりも低くすることも意識していきましょう。

ただし、女性で体脂肪率が15 %を下回るような状態は筋肉量が多く筋張っている
か,痩せ過ぎです。
体脂肪率を 15 %以下まで落とすと、女性らしさが失われてしまうので注意しましょう。

体脂肪率を正確に測ることは難しいと言われています。最近は、体重計と一体型の、電気抵抗で測定するものが一般的で、おおよその体脂肪率を知るには参考になりますが、あくまで目安です。

ダイエット中に思っていた数字が出ないからといってあきらめてしまうのはナンセンスです。

体脂肪率の数字に左右されず、できれば毎日同じ時刻、同じ条件で体重を測り、採寸をしてみましょう。

そして毎日の自身の見た目の変化に気づき、ダイエットを楽しんでいきましょう。

本日もご観覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ




ウォーターサーバーのをご検討の方へ(ウォーターサーバー比較サイト)