ダイエット中の睡眠の重要性

2019/05/23

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのアンダーソンです♪

ダイエット中の睡眠の重要性

ダイエット中、我慢しなければいけないのはわかっているのに、ついついご飯を食べ過ぎたり、お菓子に手が伸びてしまいます。その都度「自分には根性が足りない」と自分を責めてはいませんか?
その抑えられない食欲、もしかしたら「睡眠不足」が原因かもしれません。

厚生労働省の最新の調査によると、40歳代の半数が睡眠時間6時間未満という結果が発表されています。
ある実験では4時間未満の睡眠不足が続くと、食欲を抑えてくれるホルモン「レプチン」が減少し、反対に食欲を増やすホルモン「グレリン」が増加するといわれています。
テスト期間や、仕事が立て込んだ期間など、睡眠が十分に取れない日が続いたときに、やけにお腹が空いた経験はありませんか?
身体の中では睡眠不足によりこれらホルモンの乱れが起こっていたのかもしれません。

睡眠不足では、この二つのホルモンのバランスがくずれてしまいます。食欲を抑えるレプチンは減少し、さらに食欲を増加させるグレリンが多くなるので、十分な睡眠がとれた時よりも食欲が増してしまうのです。
睡眠不足でいつもよりもお腹がすく原因の一つにはこれがあります。
レプチンとグレリンのバランスを整えるには十分な睡眠が必要です。しかし、ただ時間だけ長く寝ればよいということではありません。「十分な睡眠時間」と「質の良い睡眠」が必要なのです。

質の良い睡眠を取るにはどうすればよいのでしょうか。質の良い睡眠を取るためには、夜間に「メラトニン」というホルモンをしっかり分泌させる必要があります。この「メラトニン」の材料となるのが、「セロトニン」というホルモンです。
「セロトニン」を分泌させることが質の良い睡眠に繋がるというわけです。

「セロトニン」は朝日を浴びること、ダンスや縄跳び、ウォーキングなど規則性のあるテンポの良い運動を行う事で分泌されるといわれています。
朝しっかりと起きて太陽の光を十分に浴び、ウォーキングや縄跳びなどの運動を行うとセロトニンが十分に分泌されます。
例えば、天気の良い日などは、極力外に出て、目的地の一つ前の駅で降りて歩くようにするとよいでしょう。

朝とお昼に「セロトニン」をしっかり分泌させ、質の良い睡眠を取るための材料が揃いました。質のいい睡眠に欠かせないもうひとつの要素が「夜にリラックスすること」です。 私達の身体は、朝昼の陽の光と共に活動的になり、日暮れが近づくと徐々に非活動的になるようにできています。
しかし、スマホやパソコン、テレビの画面などから発せられるブルーライトといわれる光を受け続けてしまうと、脳が昼間だと勘違いして活動的な状態を続けてしまいます。
せっかく日中に「セロトニン」を分泌させても、この状態では、ゆっくり眠ることが難しくなってしまいます。
寝る1時間前には、スマホやテレビを消し、強い光を避けて脳をリラックスさせる時間を作ってください。

さらに詳しく聞きたい方、体験したい方は是非一度等ジムにお越しください。

本日もご観覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!


今ならトレーニング
無料体験実施中!

Copyright(C) Secret Bay’s FIT All Right Reserved