乳酸菌について③

2020/02/10

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITの今野です♪

今回のブログは乳酸菌について説明したいと思います!最近、スーパーやコンビニエンスストアなどに乳酸菌の入ったヨーグルトや乳酸菌入りのドリンクなどが発売されていますが、乳酸菌の働きや、乳酸菌が身体にもたらす機能などはご存知ですか?

今回は乳酸菌が身体にもたらす機能や、乳酸菌ってどんな菌なのか説明します。
腸内の環境を整えて免疫力を高めるなど、人に有益な働きをする微生物(菌類)が乳酸菌です。

体内には多種類の菌が共生させます。
オリゴ糖などの概を発酵させて乳酸をつくり出す微生物で、種類は200以上あります。ビフィズス菌も乳酸菌の一種です。動物の体内など自然界のあらゆるところに存在し、発酵食品の製造にも使われます。。人体に多くの菌が存在し、乳酸菌は人体によい影響を与えるため、善玉菌(有益菌)といわれます。ヨーグルトなどの発酵乳をとると、一部の乳酸菌は生きたまま大腸に達して繁殖します。

菌種によって機能性が異なります。
乳酸菌の中でも、特徴的な働きや独自の機能を持つ南種の研究が進んでいます。抗アレルギー効果やピロリ菌を排除する作用のある特定の乳酸菌を利用した商品が開発され、人気を集めています。

国内の環境を改善します。
人の消化管には100兆以上の菌が存在しているといわれ、なかには有害物質をつくる悪玉菌や、体調によって影響を発揮する日和見的もあります。年をとると悪玉菌が増え、それらがつくり出す有害物質によって腸の老化がいっそう進みます。しかし乳酸菌を補えば悪玉菌は減り、腸内菌のバランスは改善されるのです。
悪玉菌が産生した有害物質は、通常肝臓で無毒化されますが、悪玉菌が減れば有害物質も減るため、肝臓の負担が軽くなります。そして腸の老化やがんなどの発生のリスクも低くなります。

腸の働きを促し、免疫力が高まります。
乳酸菌が増えると腸の働きが活発になって、消化吸収を促し、腸の蠕動運動も盛んになるため便通が改善されます。さらに乳酸菌は免疫力を高める働きもあり、花粉症などのアレルギー改善効果が期待されています。抗生物質などを使うと体内の善玉菌まで減ってしまいますが、乳酸飲料などの発酵乳で乳酸菌を補うと腸内菌のバランスを保つことができます。

プロバイオティクスとは?
プロバイオティクスとは人に有益な微生物を指し、こうした有益な菌類を健康づくりに利用しようという考えがひろまっています。
そのためには、食品などから安全にとることができ、生きたまま腸に到達して繁殖できる菌であることが重要です。ビフィズス菌やラクトバチルス菌を利用したヨーグルトや乳酸菌飲料は代表的なプロバイオティクス食品です。

乳酸菌は身体にはとても大事な菌なのです。
腸内環境が悪い方は、色々な乳酸菌を摂ってみて下さい。

本日もご観覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!


今ならトレーニング
無料体験実施中!

Copyright(C) Secret Bay’s FIT All Right Reserved