トレーニングの安全確保と動作スピードについて

2020/05/26

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITの下山です♪

今回は筋力トレーニングの安全確保と動作スピードについてお話ししていきます!

初めに筋力トレーニングの安全確保について4つの項目に分けて説明していきます!
1,健康状態の確認
トレーニング指導者は、日常の筋力トレーニングの開始時に、実施者の健康状態のチェックを行います。
トレーニング中には、実施者をよく観察し、異状が認められた場合には、プログラムを中止するなどの対応をすみやかに行います。

2,正しい姿勢と動作の習得
トレーニング指導者は、実施者に対してトレーニング施設や器具の使用方法について説明を行い、十分な理解を促すことが必要となります。
筋力トレーニングの初心者に対しては、無理のない負荷を用いて、正しい姿勢や動作、呼吸法、補助法などについて十分な指導を行います。
また、トレーニングの実施中に、姿勢や動作の誤りが認められた場合には、直ちに修正を行います。

3,ウォームアップとクールダウン
筋力トレーニングの実施前後には、適切なウォームアップやクールダウンの指導を行い、実施者が安全に効率よくトレーニングが実施できるように配慮します。

4,施設と器具のメンテナンス
トレーニング実施中の事故防止のために、トレーニング前には、トレーニング施設や器具の点検・整備を十分に行います。
正常に作動しない施設や器具を発見した場合には、すみやかに対応するようにします。

次に動作スピードについて説明していきます!
筋力トレーニングを実施する際には、目的に応じた適切な動作スピードを採用することが重要です。
筋力トレーニングの動作スピードには、代表的な2つの方法があります。
1つ目は、初心者がフォームの習得を目的とした場合や、筋肥大を目的とした場合などに用いられ、加速を制限して、ゆっくりとした動作スピードで行われる「スローリフティング」と呼ばれる方法です。
2つ目は、主としてトレーニング動作で発揮される筋力やパワーを高めることを目的として、できるだけ速い動作スピードで行われる「スピードリフティング」と呼ばれる方法です。

続いては補助の重要性について説明していきます!
トレーニング中の事故や傷害の防止のために、状況に応じて正しい補助を行うことが必要になってきます。
トレーニング実施者に対して個人指導を行う場合には、原則として指導者自身が補助を行うが、多人数に対して指導を行う場合には、実施者間でトレーニングの実施に当たって、指導者は、実施者に対して、補助の重要性について理解させるとともに、安全で的確な補助のテクニックについても指導しておくことが必要になってきます。
身体に重量物が落下する危険性があるエクササイズについては危険防止のために補助者をつける必要があります。

次回はトレーニング補助の方法と呼吸法について説明していきます!

本日もご閲覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!


今ならトレーニング
無料体験実施中!

Copyright(C) Secret Bay’s FIT All Right Reserved