Secret Bay's FIT

ストレッチを効果的に行うための食事➀

2020/09/17

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITの本澤です♪

今回はストレッチを効果的に行うための食事について紹介していきます♪

ストレッチを行うには食事も意識することが重要です!
人の身体には自律神経という、内臓の働きや筋肉の緊張具合などを最適に保つ神経が存在しています。食事内容の乱れなどから自律神経の働きが狂ってしまうと筋肉のコンディションを良い状態に保つことができずに、ストレッチをした時の効果を落とす原因にも繋がってしまいます。ここでは、食事と自律神経の関係がストレッチなどの運動にどのような影響を与えるかについて学んでいきましょう♪♪

まずは内臓と筋肉の関係です!!
食事を摂ることで身体の血流には変化が起こります。食事を摂ると胃腸に食物が運ばれ、そこで消化と吸収が行われますが、胃腸が働くためにはエネルギーが必要ですね!そこで、身体は副交感神経という自律神経の1つを活性化させ、血液を胃腸などの消化器系にたくさん送ります。
その結果、筋肉や手足の末端への血流量を確保する交感神経の働きは一時的に弱くなり筋肉への血液量が少ない状態になってしまいます。
↑この反応は通常の食事量や食事内容であれば問題は無いのですが、過度な量の食事や消化に負担がかかる脂が多い物などの摂取が続いていれば自律神経のバランスが慢性的に乱れる原因にもなってしまいます。。。

自律神経のバランスが乱れる事はストレッチの効率低下させてしまいます。
ストレッチを行う目的としては固く強張った筋肉をほぐし、筋肉への血流を改善させることです。ですが、食生活の乱れから自律神経のバランスが崩れると身体が筋肉の緊張をコントロールすることができず、筋肉の強張りを招いてしまうのです。その結果、ストレッチで一時的に筋肉をほぐしてもすぐに元の状態に戻ってしまうのです。。。
つまり、食事内容が乱れている場合は食事を出来るだけ見直して自律神経のバランスを整えなければ、高いストレッチ効果をだすのは難しいのです!!
そこで、身体を支配している3つのサイクルについて紹介していきますね♪♪
先程お話したように、食事で自律神経のバランスを崩している場合は食事内容や食事時間を見直すことが必須になります!!
この時、重要になってくるのが身体のリズムを把握して食事を摂ることです。
身体には3つのリズムが存在していて、朝の4時から~昼の12時までは排泄のサイクル、昼の12時~夜の8時までは消化のサイクル、夜の8時~朝の4時までは吸収のサイクルという期間に当てはまります!!
このサイクルを意識して食事を摂ることが消化の負担を減らすための第一歩になるのです♪♪

3つのサイクルを意識する上で大切なことは消化のサイクルで食事を摂り、それ以外のサイクルでは消化に負担をかけないということです。消化のサイクルは身体が消化を行いやすい期間であり、この時間に食事を摂ることが重要です!!
反対に夜の8時以降や昼の12時まではあまり消化に負担をかけないようにします。この時間帯は身体が食べたものを吸収し、老廃物を排泄するための時間です。ここで余分なものを食べてしまうと身体が本来行うはずの吸収と排泄が十分に行えなくなり、自律神経のバランスの乱れにつながってしまいます!

重要な事は朝食を軽めに摂り、夜食は控え夕食は8時までに済ませること、そして過食を控えて消化に負荷のかかるものを多量に食べないことですね!!
特に脂肪分の多いお肉類や揚げ物、乳製品、添加物の多い食品などは消化に負荷がかかりやすい食べ物です。食事が乱れていると感じている場合は一度野菜を中心の食生活に切り替えて、たんぱく質や炭水化物の摂取量を見直すようにしてみましょう♪♪
食生活の乱れが改善され、自律神経のバランスが整うと筋肉の過剰な緊張がなくなり、ストレッチの効果を高めることにも繋がります♪

本日もご閲覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ




ウォーターサーバーのをご検討の方へ(ウォーターサーバー比較サイト)