ブログ

BLOGブログ

首のストレッチ方法

2020/10/02

こんにちは!Secret Bay’s FIT(シークレットベイズフィット)横浜みなとみらい店トレーナーのNATSUKIです♪

デスクワークで長時間同じ姿勢で視線を落としていたりや、強い冷房が効いた部屋で長時間過ごしていて肩こりに悩まれてる方は非常に多いと思います。。。

最近はスマホの使い過ぎにより「スマホっ首」などもよく言われていますよね。
背中が丸まり、長時間スマホを見る体制は肩こり以外にも実は腰痛につかながったり、首の筋肉が硬くなり二重アゴになったりと様々な影響があります。。。

そして日々の辛い首こりや肩こりにお悩みの方で、首のストレッチに取り組まれたことのある方も多いと思います。

ここでは首こりや肩こりに効果的な首のストレッチについて紹介していきたいと思います!!

まず、とても大切な首のストレッチを行う際の注意点をお伝えします♪
首は人の身体の中でも非常に繊細な箇所です!!細かい筋肉だけではなく、多くの血管や神経も混在しており、もしこれらがダメージを受けると身体に重大な異変をもたらしてしまう可能性があります。
ストレッチ=伸ばすというイメージが一般的ですが、首のストレッチを行う際は無理やり伸ばすのではなく「気持ち良い」、もしくは「少し痛いが気持ち良い」という感覚がある程度に強さは止めておくことが重要になります。

ストレッチを行う際は深く呼吸する事を忘れないようにしましょう♪
深呼吸することで筋肉の緊張が解けてストレッチ効果を高めてくれますよ!

また、何らかの首の疾患をお持ちの場合はストレッチを行う前に必ず主治医に相談することをおすすめします。主治医に相談し、ストレッチを行っても大丈夫な動き、行うと危険な動きをはっきりと把握した上でストレッチを行うようにしましょう!!

そして、首のストレッチを行う前は準備運動をしましょう♪
首のストレッチを行う前に首周りの筋肉をある程度ほぐしておくことで事故を予防できたり、より効果的にストレッチが行えますよ♪♪

首の筋肉は肩の筋肉とも関係しているため、肩の運動に関係する鎖骨の動きを上手く使うことで首の筋肉をほぐしていきます。
鎖骨は胸の外側で肩甲骨と、胸の内側で胸骨と繋がっています。本来、鎖骨は肩の運動の際に一緒に動くものですが、肩や首周りの筋肉が固くなってくると、動きが悪くなり、筋肉の固さをより強いものにしてしまいます。
これを防ぐためにストレッチの前に鎖骨を回して、鎖骨周りや肩・首の筋肉の固さを柔らかくしていきましょう!!

それではここで首のストレッチ方法を紹介していきます♪

★1つ目★

1、首を後ろに曲げたままゆっくり左に倒して、あごは右上に上げていきます。
耳の下あたり、首の側面の伸びを感じます

2、伸ばしている側の鎖骨、肩あたりを反対の手で押さえて固定します。

3、深呼吸を繰り返しましょう!

★2つ目★

1、椅子に深く座って背もたれに体重をのせます。

2、両手は後頭部に置きます。

3、頭を前に倒して首の後ろを伸ばしていきますしょう!

首のストレッチを行う事で今まで固った筋肉で血管に圧がかかり、うまく首から上に血液が流れていなかったのが改善されて、目が開きやすく疲れが取れたり、集中力が増す、眠気が取れる、頭痛が改善されるなどの効果が期待出来ます!
良いポイントいっぱいですね♪♪是非行ってみてください♪

ですが、首は繊細な箇所という事を忘れずに無理の無い方法で、痛く無い程度、気持ちいいと感じる程度で少しずつストレッチを行うようにしましょうね♪

本日もご閲覧ありがとうございました♪

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ