ブログ

BLOGブログ

脂肪の燃焼に効果的!「ビタミンB2」とは?!

2020/10/07

こんにちは!Secret Bay’s FIT(シークレットベイズフィット)横浜みなとみらい店トレーナーの下山です♪

皆さん脂肪を燃焼してくれる夢のような栄養素があることはご存知ですか?
その名は「ビタミンB2」です!
なぜ脂肪の燃焼に効果的なのでしょうか?
今回は、その疑問を含め、ビタミンB2について分かりやすくお話ししていきます!

ビタミンB2とはどんな栄養素?

ビタミンB2は、水に溶ける水溶性ビタミンで三大栄養素であるタンパク質・糖質・脂質の代謝を高めてくれる働きがあります!
とくに脂質の代謝に不可欠であり、体にある脂肪を燃焼させてくれる効果があるため、ダイエットに効果的な栄養素といえます。

ビタミンB2の役割とは??

ビタミンB2は、タンパク質が体の材料になるのを助けたり、脂質が新しい細胞の膜になるのをサポートする働きがあります。
そのため、皮膚や口の中の粘膜などの健康維持に大きく関わっています。

ビタミンB2を多く含む食品とは!?

ビタミンB2は、レバー、うなぎ、カレイ、ぶり、いわし、さわら、さんま、牛乳、納豆など様々な食品に含まれています。

ビタミンB2の1日の摂取量とは!?

ビタミンB2の1日の摂取量は、男性で1,3〜1,6mg、女性で1,1〜1,2mgと性別や年齢によって多少異なります。

ビタミンB2のオススメの摂取方法について!!

ビタミンB2は、先程も述べたようにレバーや魚に多く含まれています。
水溶性ですが、熱には強いため調理で失われることはありません。
しかし光には弱いため、日の当たらないところで保存するのがベストといえます。
卵や牛乳の他、納豆にも多く含まれており、これらは洗わずに食べたり飲んだるすることができるのでビタミンB2を無駄なく摂取することができます!
また、脂肪の燃焼効率を高めるためにビタミンB2とパントテン酸を一緒に摂取すると脂質の燃焼が

ビタミンB2を摂り過ぎるとどうなるのか?

ビタミンB2は、水溶性ビタミンのため水に溶けやすく過剰に摂った場合でも尿として体外に排出されるため、たくさん摂取したからといって健康を害することはほぼありません。

ビタミンBが不足するとどうなるのか?

ビタミンB2が不足すると脂質が燃焼されにくくなることから、皮下脂肪や内臓脂肪が蓄えられてしまい、メタボリックシンドロームになってしまいます。
その他にも肌に脂が荒れることにより、吹き出物などの肌トラブルや口の端が切れる口角炎、唇が腫れる口唇炎などの口内トラブルを招くことがあります。
また、ビタミンB2は、「発育ビタミン」といわれている程子供の発達に大切な栄養素のため、不足すると成長期の子供の成長の阻害や妊婦さんであれば胎児の発育に悪い影響が出てしまいます。

ビタミンB2の歴史について!

ビタミンB2は、1926年にアメリカのシャーマンという人物が動物の成長に不可欠な栄養素を研究している中で、水に溶けやすく熱に強い、成長を促進する作用のある物質として牛乳から発見されたといわれています。
発見された当時は、成長を意味する英語「growth」の頭文字をとって、「ビタミンG」と呼ばれていたのです。
1927年には、イギリス医学研究会議において、それまでに見つかっていたビタミンBと似たような働きをすることが分かり、ビタミンBに続いて、2番目に発見されたため、「ビタミンB2」と呼ばれるようになりました。
その後、当時のビタミンB2はいくつかの物質からできていることが明らかになり、1933年にドイツのR.クーンたちによって現在のビタミンB2が発見されました。

今回のお話でビタミンB2について詳しく知ることができました♪
私たちの健康を支えてくれるだけでなく、ダイエットにも効果的なんて驚きですね!

本日もご閲覧ありがとうございました♪

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ