Secret Bay's FIT

不足しがちなミネラルの重要性

2020/10/12

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITの本澤です♪

本日は普段不足しやすい栄養素ミネラルについてお話ししていきます。

まずは”鉄分”についてです。
鉄部は主に赤血球の中で酸素を運ぶヘモグロビンや筋肉中で酵素を貯蔵するミオグロビンを作っています。
ヘモグロビンは肺から取り込んだ酸素を全身の細胞に運ぶという大事な役割を果たしています。
残りの分は肝臓や骨に蓄えて、不足してときに使用する様に取って置いてあります。

トレーニングやランニングをすると、呼吸量が増えて酸素の消費が多くなったり、汗をかくことで汗と一緒に鉄分が身体の外に流れ出してしまいます。。。
なので大量に汗をかく季節や、運動を多く行う日には鉄分の摂取を忘れない様にする必要があります。
もし鉄分が不足してしまうと貧血で、めまいや頭痛、ふらつくなどの症状が出やすくなります。
また鉄分が不足すると唇の端や舌に炎症が起こる、氷などを無性に食べたくなる、髪が抜ける、肌が荒れるなどの症状が見られることもあるのです。怖いですよね!

それではここで鉄分をどうやって不足しない様にするのか、鉄分の補給の仕方をお伝えしていきます!!
お茶(緑茶・紅茶・ウーロン茶など)やコーヒーに含まれるタンニンは鉄分の吸収を阻害してしまいますうので、コーヒーの過剰摂取や、食後のコーヒーなどはあまりお勧めしません。

そしてお勧め食品はごまや大豆を使ったお菓子、ブドウ・あんず・いちじくなどドライフルーツ、カシューナッツ・アーモンド・ピスタチオなどナッツ類になります。
これらは間食などで気軽に取れるしょくひんですね♪♪

野菜だと、ほうれん草が鉄分が多いことで有名ですが、小松菜はほうれん草よりも鉄分が多く更にカルシウムも豊富なので非常にお勧めの食材になります!!

他には鉄分を多く取れるレバーや赤身の肉類。
魚、大豆製品、緑黄色野菜、海藻などを積極的に摂取すると良いですよ♪

これらの食材をこまめに補給して鉄分不足にならない様に気をつけましょう!!
食事からの十分な摂取が難しい場合は、サプリメントも取り入れても大丈夫ですが、食事から摂取する方が良いですね♪

次に不足しがちなミネラルは”カルシウム”です!!
日本食には、乳製品の料理などが少なく特に不足しやすいミネラルになります。。。

カルシウム不足がひどくなると、骨粗しょう症のほかに手足のしびれ、けいれんを起こしたりなどの症状が出る恐れがあります。カルシウムの99%は骨や歯などの材料になるので丈夫な歯や骨を作るにはカルシウムが欠かせませんね。
体だけでなく、せいしん面にもえいきょうがあります。
脳や神経の働きに必要なカルシウムが不足した状態が続くと、ちょっとしたことで興奮や、イライラ、不安定な状態になってしまうので、仕事などにも影響が出てきそうですよね。。。

それでは、どの様にカルシウムを摂取すると良いのか紹介していきます。
皆さんもはじめにカルシウムを取れる食品で思い浮かべると思いますが、牛乳をはじめとする乳製品はカルシウム源としてもっとも効率がよいです!!
豆腐や納豆などの大豆製品もカルシウムが豊富に含まれていますね♪
骨ごと食べられる小魚、ひじき・わかめ・のりなどの海草類、小松菜やちんげん菜などの緑黄野菜も優れていま♪。

ワカメなどの海藻類はサラダにすると食べやすく、ひじきは炊き込みご飯などにするのも人気ですね♪
小魚は、もし苦手でしたら甘い醤油ベースのソースなどをかけると食べやすくなりますよ!

是非皆さんも、本日紹介したミネラルを意識して取ってみてください♪♪

本日もご閲覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ




ウォーターサーバーのをご検討の方へ(ウォーターサーバー比較サイト)