Secret Bay's FIT

若さと健康を保つ「ビタミンE」について!

2020/10/28

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITの下山です♪

今回は、健康と若返りの作用をもつ栄養素である「ビタミンE」について詳しくお話ししてきます!

ビタミンEはどんな栄養素!?

「ビタミンE」は強い抗酸化作用を持つビタミンの一種です。
老化の原因となる物質である活性酸素から体を守る働きがあります。
その他にシミやシワなどの肌の老化や血管や内臓の老化を防止してくれます。
またビタミンEはこれらの若返り作用をもつことから別名で「若返りのビタミン」と呼ばれています。

ビタミンEは女性の味方!?

ビタミンEは女性のさまざまな悩みに役立つことができ、女性にとって非常に大切なビタミンと言われています。
その理由として毛細血管を広げ、血流をよくすることで冷え性や頭痛、肩こりなどの様々な不調を改善させる効果があるからです。
さらに、女性ホルモンが作られるのをサポートしてくれることから生理不順や不妊にも効果があると考えられています。

ビタミンEを多く含む食品について!

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類や、植物油に豊富に含まれています。
その他にうなぎやタラコなどの魚介類、かぼちゃ、アボカドなどにも多く含まれています。

ビタミンEが不足するとどうなるのか?!

ビタミンEが不足すると体の中が酸化することで動脈硬化などの病気になりやすくなります。
また、体の中でビタミンEが減ってしまうと、増えた活性酸素(老化物質)によって、様々な器官が酸化してしまいます。
それに、血流も悪くなることで、さまざまな不調が出てきてしまいます。
例として顔色は悪くなり肌ツヤが失われ、お肌にはシワやシミが増えてしまいます。
また、動脈硬化になることで高血圧や脳梗塞などの様々な生活習慣病のリスクに繋がります。
その他に、赤血球(酸素を運ぶ血液の成分)の細胞膜が酸化すると、赤血球が壊れてしまい「溶血性貧血」という病気にもなりやすくなります。

ビタミンEを摂り過ぎるとどうなるのか?!

ビタミンEを摂りすぎたことで問題になることはほぼありませんが、日々サプリメントで摂っている場合は、注意が必要です。
ビタミンEをを過剰に摂ってしまうと、血液が固まりづらくなることから、すり傷からの出血が止まらなくなったり脳出血などの病気のリスクが高まります。
その他には筋力の低下や疲れや吐き気を感じやすくなり、お腹を下したりしてしまいます。

ビタミンEの効果的な摂り方について!

ビタミンEは、魚介類のほか、植物油やアーモンドなどのナッツ類、かぼちゃに多く含まれています。
脂に溶ける脂溶性のため、水洗いをしても溶け出すことはありませんが、光には弱いため、保存する際は日の当たらないところに置く必要があります。
また、ビタミンEとビタミンCを組み合わせることによってアンチエイジングの効果がアップします。
オススメの組み合わせとしてはタラコパスタにブロッコリースプラウトを合わせるとアンチエイジングの効果が高まります。

ビタミンEの歴史について!

1820年、アメリカのマッティルらがネズミを脱脂粉乳で飼育すると繁殖できなくなることを発見しました。
1922年、アメリカのエバンスとビショップが、これまでのビタミンを含むエサで飼育すると生殖能力が衰えるのに対して、レタスを与えると生殖能力が回復し、妊娠に効果的な物質を発見しました。
1924年、シュアによって、ビタミンの発見順のアルファベットでビタミンEと名付けられました。

今回、ビタミンEには若返りの作用を含めて様々な働きがあることが分かりました。
一生若々しくいるためにもしっかりビタミンEを含む食品を食べていきましょう!

本日もご閲覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ




ウォーターサーバーのをご検討の方へ(ウォーターサーバー比較サイト)