Secret Bay's FIT

若さと健康には「カロテノイド」

2020/11/18

こんにちは!
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITの下山です♪

突然ですが、カロテノイドという名前を聞いた事がありますか?

あまり知られていない名前ですが、実は私たちの生活の中にあふれている物でした!
今回はそのカロテノイドについて詳しくお話ししていきたいと思います!

まず初めに、カロテノイドとはどんな栄養素??

カロテノイドは動物性食品や植物性食品などに含まれている色素成分の事なのです!
そしてなんと!カロテノイドは自然の中に700種種類もあります。
その中でも特に有名なのがリコペン、アスタキサンチン、ルテインの3つです。もしかしたらどこかで聞いた事がある名前かもしれないですね♪
カロテノイドは強い抗酸化作用をもっているので、活性酸素による老化から私たちを守ってくれる働きがありますよ♪

それでは次に、先程紹介したカロテノイドの中でも有名な3つの栄養素についてもう少し細かく紹介していきます!

○強い抗酸化作用をもつリコペン!別名は「リコピン」
リコペンは、トマトやスイカ、パプリカ、唐辛子などに含まれる真っ赤な色素の事です。そのリコペンは食品の色が濃いものほどたくさん含まれています。
特にトマトに含まれるリコペンは、抗酸化作用が強く、B – カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上も強いといわれています!!
また、炎症を抑える抗炎症作用の働きをするのでニキビやアトピーなどの皮膚炎にも効果が期待できますよ。

○脳や目まで届くアスタキサンチン!
アスタキサンチンは、エビやサケ、カニに含まれる赤い色素で、リコペンとは違った赤の色素になります。
脳や目などの細かい部分にまで入り込むことで脳や目の健康を守ってくれています♪
また、悪玉コレステロールが酸化するのを防ぐ役割もあるので、動脈硬化などの生活習慣病を予防もしてくれるのです!

○病気から身体を守るルテイン!
ルテインは、ほうれん草や人参、卵黄に含まれる黄色の色素で特に目の病気の予防に効果的です!
目の網膜の中心にある黄色い部分黄斑といって視力を保つうえでは、とても重要な場所になります。
なので黄斑に障害が出てしまうと視力は、著しく低下してしまい、最悪の場合は失明してしまうこともあります。。。
ルテインは、この黄斑を太陽の紫外線などから守ったり、高齢者に多い白内障や加齢性黄斑変性という病気を予防したり、大切な働きをしてくれています。

カロテノイドが体にとって良い働きをしているのが分りましたね♪なので次はカロテノイドの効率的な摂取方法を紹介していきます♪
カロテノイドは油に溶けやすい脂溶性なので油と一緒に摂ると、吸収率が高まります!
リコペンは熱にも強いため、加熱調理をしても損失してしまうことは無く、逆に加熱することで吸収率が上がるので加熱での調理がおすすめです。
これらのことからオリーブオイルでトマトを炒めたイタリア料理は、栄養素の相乗効果を狙った合理的なレシピなのです!
また、トマトなどの水分の多い食品は熱を通すことでカサが減るため旨味が増して一石二鳥ですね♪

最後にカロテノイドの2つの豆知識を紹介!
1,サケは本来白身魚ですが、身が赤い理由はアスタキサンチンを多く含むオキアミを餌としているからなのです。
2,エビは生の状態では、青緑色をしていますが熱を加えるとアスタキサンチンとタンパク質が分離して赤色に変化するのです!

今回カロテノイドには抗酸化作用をはじめとして、目の疲労回復や生活習慣病の予防など様々な働きがあることが分かりましたね!
若々しく健康的に過ごすためにも積極的にカロテノイドを摂取していきましょう

本日もご閲覧ありがとうございました♪
横浜みなとみらいでパーソナルトレーニングジム・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ




ウォーターサーバーのをご検討の方へ(ウォーターサーバー比較サイト)