Secret Bay's FIT

ブログ

blog

自律神経とダイエットの関係性とは?

2022/01/21

こんにちは!
Secret Bay’s FIT(シークレットベイズフィット) 横浜みなとみらい店トレーナーのYOSHIKIです。

今回は自律神経の乱れとダイエットについてご紹介します。

ダイエットに関わる働きとして、交感神経はエネルギー産生を促すことを紹介しました。このエネルギー産生は糖を材料としたエネルギー産生だけではなく、脂肪細胞を利用したエネルギー産生も促してくれます!そのため、働くべきタイミングで交感神経活動が活発になることは脂肪分解にも関与します。
しかし、必要な栄養素を適切なタイミングで摂取してもそれが吸収されなければ、適切な効果は現れません。その面で考えると、食事後にある程度休息時間を設けて、副交感神経活動を活発にすることは、消化・吸収の面で非常に重要なことだと言えます。

自律神経が乱れている時の症状について

寝れない
不眠の症状がある方は多いのではないでしょうか?不眠にも様々な要因があると思います。その一つとして、交感神経が活発に働きすぎることが挙げられます。寝る直前に過度な運動などを行うとリラックス状態になるまで時間がかかり、眠れなくなってしまうのです。

めまい

不眠症状と同様にめまいの症状を訴える方も多いです。めまいも耳の中にある器官の異常や起立性低血圧によるものなど原因は様々です。血圧関連に関しては自律神経が強く関与しています。各器官への血管の太さは交感神経と副交感神経により調整されます。そこに異常が生じることで身体の各器官への血液調整がスムーズにいかなくなり、血圧が低下しめまいに繋がります。

情緒不安定

自律神経が乱れることで精神的な症状も現れます。情緒不安定とは精神状態が安定せず、感情の起伏が激しくなっている状態を表します。急に泣き出してしまったり些細なことで急に怒りだしてしまったりするような状態です。こうなってしまうと自分で感情のコントロールができず仕事等にも支障をきたしてしまうことがあります

最後に・・・

自律神経はダイエットに深く関係しています。しかし生活習慣の乱れをきっかけに自律神経も容易に乱れてしまうことがあります。自律神経が乱れると痩せにくい身体になることだけでなく健康にも害を与えます。まずはストレスを溜め込まないようにすること、早寝・早起きを心がけるだけでも自律神経を整えるきっかけになります。現状の生活習慣を見直し、自律神経の面からも痩せやすい健康的な身体作りを心がけましょう。


本日もご観覧頂き有難う御座いました。

当ジムは、無料体験にてカウンセリングと体験トレーニングも行っていますので是非気軽に一度お越しください!
スタッフ一同心よりお待ちしております。

◆ 最新の記事

◆ 月別の投稿

> 一覧ページへ
> トップページへ