• 栄養素、栄養とは何か

    2019/10/07

    こんにちは!
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのヨシキです♪

    今回のブログは栄養素、栄養とは何か具体的に説明したいと思います。
    皆さん栄養素と栄養の違いは分かりますか?
    調べていくと意味が全く違うものになっきます。
    色々な食品が持つさまざまな成分と、これを分解、合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。

    豚肉が人肉に生まれ変わる営みについて
    食べた豚肉がそのまま人間の筋肉に変わるわけではありません。栄養とは、この食べた豚肉が、筋肉や血液など人間特有の細胞につくり変えられていく営みのことです。
    つまり、自然界から摂取したいろいろな物質を、消化・吸収によって体内にとり込み、分解(異化作用)や合成(同化作用)によって、成長や生活活動に必要な人体特有の成分に変換させること。この営みが「栄養」です。

    「栄養」の舞台は人間の体の中にあります。
    体内での栄養(代謝)のために、外界から摂取される要素が「栄養素」です。
    「栄養素」のおもな舞台は自然界のいろいろな食品の中、「栄養」の舞台は人の体の中ということもできます。みかんに含まれるビタミンCやトマトのカロテンなどはそれぞれの食品に特有の「栄養素」であって、「栄養」ではありません。

    食品中の栄養素は、人体内で栄養活動の結果、次のような3つの大きな働きをします。
    1、エネルギーになる
    2、体をつくる。
    3、体の調子を整える、の3つで、教科書などにも載っています。
    このように「栄養素」と「栄養」をちょっと区別して考えてみると、栄養の話が少しわかりやすくなります。栄養学のジャンルでは、食品中の栄養素を中心に研究する分野を食品栄養学人体内の栄養を研究する分野を人間栄養学と呼ぶこともあります。最近では、人間栄養学が重視される傾向にあります。

    栄養学を実践するに当たっては、さまざまな人間の栄養や生命活動と向き合うわけですから、医学的な知識も必要になってきています。そのため、栄養学を実践する職業である「管理栄養士」になるための国家試験も年々難しくなってきて、今や合格率は2人に1人程度という、狭き門になってきています。

    多糖類(糖質)、脂肪酸(脂質)、アミノ酸(タンパク質)などの化学的に複雑な構造の物質を単純な物質に分解する反応。この反応によってエネルギーがつくられます。

    体内に吸収された栄養素はそれぞれの役割を果たします。

    この様にお食事で摂取した食べ物は体内に吸収され、色々な役割を果たしています。

    本日もご観覧ありがとうございました♪
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

  • “ひらめき”💡

    2019/10/04

    こんにちは!
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのアンダーソンです♪

    最新の研究から、脳がもつ特別な機能である “ひらめき” と “記憶” は
    適正な食事と適度な運動によって影響を受けていることがわかってきたという話でした。
    からだの組成で多くを占めるのは “水” ですから、
    水が滞らないように、運動をしてからだの中の巡りを良くして
    生命を維持するために、必要な栄養素であったり代謝にかかるエネルギーを摂取することは、当たり前のように思いますが、理にかなっていますね。
    確かに私たちは遅くても小学校から机に向かって座りはじめます。
    仕事もデスクワークが中心になることが多く、からだを動かす機会は昔と比べると減っています。
    退職後にすることがなくなり、記憶力の低下や運動能力の低下などを感じるようになるといった話を耳にすることもあります。
    日頃、どれだけからだを動かしているのか、またはいないのか?
    生活スタイルを振り返ってみるのも良いかもしれませんね!
    さて、筋トレは記憶力にどう影響を与えるのか。
    勉強する時も本を読む時も記憶力を上げたいと、皆さん思うでしょうが、記憶力を上げるために何が必要なのかということを調べた研究で、筋トレが記憶力を高めてくれるのではというものがあります。
    昔から、筋トレをすると頭の回転が良くなるとか、ストレスに強くなるとかメンタルが強くなるということが言われていますので、筋トレの重要さは皆さんもご存知だと思います。
    挙げるときりがないぐらい様々な効果がありますので、無理をする必要はありませんが、適度に筋トレはしたほうがいいかと思います。
    この研究では、参加者の人達に勉強する前に、レッグエクステンションという筋トレを50回してもらいました(実際にする際は、スクワットでいいと思います)。
    筋トレをしてから勉強して、それから二日後にテストを行いました。
    その結果、
    筋トレをした参加者たちは、筋トレをしなかった参加者たちに比べて50%もエピソード記憶の能力が上がっていました。
    エピソード記憶とは、例えば、以前見た映画のストーリーを鮮明に覚えていたり体験を記憶する能力です。

    つまり、筋トレをすることによってエピソード記憶の能力が高まるということです。
    筋トレをするとドーパミンやアドレナリンというホルモンが分泌されます。
    このテンションが上がるホルモンは、感情を際立たせる効果があります。
    その結果、感情に訴えるようなエピソードが記憶に残りやすくなるわけです。
    本日もご観覧ありがとうございました。

    本日もご観覧ありがとうございました♪
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

  • 血糖値について

    2019/10/03

    こんにちは!
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのシュウヤです♪

    今回のブログは血糖値について説明したいと思います。よくテレビや本には血糖値が上昇すると太りやすくなると言われていますが、血糖値がどのようにして働くのか、血糖値が上昇するとどのようになるのか説明したいと思います。

    糖質の摂取リスクが大事です。
    糖質(炭水化物)は主要なエネルギー源となるが、過剰に摂取したり、空腹の状態で摂取したりすると、血糖値が急激に上昇します。血液が高血糖の状態になると、生理作用で膵臓のβ細胞からインスリンというホルモンが分泌されます。
    血糖値を正常に保つ作用があるインスリンの働きで血糖値は下げられるが、高血糖の状態から血糖値が急激に下がると空腹感をより強く感じるようになるため、過食につながりやすいです。これが糖質を摂取することで太ってしまう一因である。

    では、ここでインスリンの働きを説明します。
    血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌され、血液中の血糖(グルコース)を血管から取り出して細胞内へ送り込みます。その結果、血液中の血糖が減って血糖値が下がる。

    インスリンの働きと弊害です。
    血糖値が急上昇した時、体は血糖値を急速に下げようと反応して過剰なインスリンが分泌されます。
    インスリンには、筋肉の細胞へアミノ酸を送り込む重要な働きがある反面、脂肪の合成を促進して体脂肪を増やすマイナスの働きも併せもっているため、過剰に分泌されると肥満につながってしまいます。
    空腹時に糖質を大量に摂取すると血糖値が急上昇するため、上昇を抑えるためには糖質をできるだけ小分けに摂ると良いことです。同じ摂取量でも分割して摂ることで、血糖値の上昇をかなり抑えることができます。血糖値は上がり過ぎても下がり過ぎてもリスクがあるため、食事ではできるだけ変動する幅を抑えることが重要となります。

    肥満が筋肥大に影響を与えます。
    肥満は筋肥大にも影響が出るといわれています。年齢20~49歳の男性136人のテストステロン(男性ホルモン)値を測定した実験では、30代40代ともBMI(体格指数)の高い肥満男性は、正常なBMIの男性に比べて総テストステロン値が有意に低かったという結果も出ています。筋肥大を目指すには、体脂肪が増えないように注意する必要もあります。

    糖質の摂り過ぎは肥満にも繋がりますので、お食事の際は充分気を付けましょう。

    お食事のご相談や身体を変えたい方、今なら無料カウンセリング&トレーニング実施中です!

    是非お待ちしております!

    本日もご観覧ありがとうございました♪

    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!


今ならトレーニング
無料体験実施中!

Copyright(C) Secret Bay’s FIT All Right Reserved