• 疲れがなぜ起きるのか、疲れの種類

    2020/01/08

    こんにちは!
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのシュウヤです♪

    今回のブログは疲れがなぜ起きるのかそして、疲れの種類について説明したいと思います。

    皆さんゴールデンウィーク明けてから久々のお仕事や学校などで疲れのピークが来ているかと思います、なぜ疲れが起きるのかどのように予防出来るのか説明していきます。

    心身に疲れの症状が現れます。
    疲労のおもな症状は、全身の倦怠感、肩こりなどの筋肉疲労、やる気が出ない、体がだるい、食欲がないなどです。蒸し暑い季節に起こる疲労「夏バテ」は、食欲がなくなったり、胃腸が弱くなったりします。

    慢性疲労は重大な病気につながります。
    「疲労の多くは、充分な休養と睡眠によって改善することができますが、それでもとれない慢性疲労が続くと、体の抵抗力や免疫力が低下し、かぜなどの感染症にかかりやすくなります。さらに悪化すると、潰瘍や心臓疾患、高血圧、脂質異常症、物尿病などのリスクを高め、脳血管障害や心臓病を誘発して「過労死」に至る危険性もあります。

    慢性疲労症候群とは?
    長期にわたって日常生活に支障をきたすほどの激しい疲労感が続き、だるい、眠い、思考力低下などの症状が現れることを、慢性疲労症候群といいます。診察を受けても異常が見つからず、「怠け者」と誤解されることも多いようです。ストレスやウイルス感染が原因とされていますが、不明な点が多い病気です。

    筋肉疲労の原因は「乳酸」です。
    「筋肉疲労は、乳酸という物質が体内に発生することで起こります。乳酸は、体を動かしてエネルギーを消費すると発生します。通常は他の物質に変化したり、排泄されたりしますが、大量に発生すると処理しきれず、体内に蓄積されていきます。その結果、細胞が栄養や酸素をとり込みにくくなって血液循環が悪くなり、筋肉痛をはじめ、肩や首すじのこり、体の冷え、頭痛などを生じさせます。

    不規則な食事、偏食は疲れを招きます。
    欠食や偏食などで食事をおろそかにしていると、体に必要な栄養素が不足して消化吸収の働きがうまくいかず、疲れが増していきます。

    実は、クエン酸の力で疲労は回復出来るのです。
    今、食酢の疲労回復効果が注目されています。調味料として利用するだけでなく、健康飲料として飲むなど、人気が高まっています。疲労回復効果をもたらす食酢の成分は、疲労物質の乳酸の生成を抑える作用を持っています。自家製サワードリンクを作ったりして、楽しく健康をゲットしましょう。

    疲労の予防と回復に欠かせない栄養素をしっかり補給しましょう。
    ビタミンB群などは、疲労の予防や回復に特に欠かせない栄養素です。バランスのとれた食事を毎日きちんと摂ることで、疲労度を大幅にダウン出来ます。

    ビタミンB1
    糖質からエネルギーがつくられる時に必要な栄養素です。
    ビタミンB2
    タンパク質や脂質、糖質の代謝に関与。
    不足すると、エネルギーをうまく供給することが出来ず、乳酸などの疲労原因物質が蓄積されやすくなります。

    皆さん是非一度チャレンジしてみて下さい。

    もし、分からない事や、もっと詳しく知りたい方は下のホームページボタンをクリックしてください!

    exp-ds.com ←←←←

    本日もご観覧ありがとうございました♪
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

  • 生活習慣病の温床となる肥満

    2020/01/08

    こんにちは!
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのシュウヤです♪

    皆さん健康診断の結果を振り返ってみて下さい。
    数値が良かった方、改善が必要な方、必見です!
    今回のブログは肥満を防ぐというテーマで説明したいと思います。
    様々な生活習慣病の温床となる肥満。エネルギーの摂り過ぎや運動不足によって体脂肪が過剰になったものです。

    体脂肪が増え、体重が増加します。
    体内で利用されずに余ったエネルギーは、脂肪やグリコーゲンになって体に蓄積されます。肥満とは、脂肪が過剰に体に蓄積した状態のことをいい、一般に体重の増加という形で現れます。

    肥満には合併症がつきものです。
    肥満は、高血糖や脂質異常症、高血圧などにつながり、放置しておくと、糖尿病や動脈硬化などの本格的な生活習慣病へと進行します。こうした症状があったり、予測される場合、「肥満症」と診断されます。これらの症状が重なると、生活習慣病へのリスクが2倍、3倍と高まりますが、逆に肥満を解消すればほとんどの症状は改善します。症状が現れる前に対策を立てることが大切です。

    エネルギーのとり過ぎが問題となります。
    肥満の原因は、消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多過ぎること、つまり食べ過ぎと運動不足の習慣化です。適切な摂取エネルギー量は一人ひとり異なり、年齢、身体活動量によって決まります。自分に合った適切なエネルギー摂取を心がけることが大切です。

    年をとるにつれ低下する基礎代謝です。
    「食事の量も運動量も以前と変わっていないのに太ってしまう」と嘆く人も少なくありません。基礎代謝は、年をとればとるだけ低下していきます。若いころと同じだけ食べていれば、それだけエネルギーは使われずに脂肪となって体に番積されるのです。

    思い込み肥満と肥満症はちがいます!
    若い女性に顕著なやせ志向が見られます。BMIの判定では決して肥満ではないのに「もっとやせたい」と思う思い込み肥満は社会的な風潮がつくり出した肥満といえ、栄養失調や低栄養が心配です。
    一方で、高血糖や脂質異常症などの合併症を併発した病的な”肥満症”が中高年男性の間で増加しています。

    肥満を予防するには、摂取エネルギーが少なければそれだけ体脂肪が減ります。しかし、減らし過ぎるとダイエットは長続きせず、リバウンドもしやすいのです。栄養バランスも悪くなり、体調を崩す事もあるので注意が必要です。

    この様にバランスが悪い食事や生活を送っていると肥満は起きますが、食事を見直すのか生活リズムを見直すのかどちらかをまず改善してみませんか?変えるだけで見た目や体重にも変化があると思います!

    生活リズムを見直したい方、食事を変えたい方、今なら無料カウンセリング実施中です。

    まずはお話だけでも聞いてみませんか?

    是非お待ちしております!

    本日もご観覧ありがとうございました♪
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!

  • 食材の選び方

    2019/12/19

    こんにちは!
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムを運営しているSecretBay’sFITのヨシキです♪

    今回のブログは前回に引き続き食材の選び方について説明したいと思います!

    今回は魚介類について説明します。
    魚にも野菜や果物のように旬があります。旬の時期の魚は、脂が乗り、味がよいのが魅力です。また、漁獲量も増えるので、安価で手に入るというメリットもあります。旬の時期には、赤身魚は脂肪が、白身魚はうまみ成分が、貝類はグリコーゲンが増加します。

    皮に張りやツヤがあるものを選びましょう。
    色や模様がある魚は、それがはっきりしていること、表面が乾いていないことが大切です。これは、一尾丸ごと食べる魚でも、切り身でも同じことがいえます。

    各部の鮮度にも気をつけましょう。
    魚は、目が濁っていないもの、腹部に弾力があるもの、尾がピンとしているものを選びます。うろこがある魚はしっかりついていて、変色していたり表面に傷がついたりしていない、身がかたく引き締まっているものがよいでしょう。さらに確認できるようなら、えらが鮮やかな紅色であること、生臭いにおいがしないことなどにも気をつけましょう。

    貝類の鮮度は、売られている状態によって、見分け方が異なります。スーパーなどでパックに入っている場合、貝殻を固く閉じているものか、開いていてもパックを手にとったときなど動かされるとサッと閉じるようなものが新鮮です。外に出ているものの場合は、水管をしっかり出して水を噴出させているものがよいでしょう。

    ドリップのあるものは避けましょう。
    一度冷凍した魚を解凍したものは、パックの底に水分や血がたまっていることがあります。これをドリップといいます。ドリップが起こっている魚は細胞が破壊し、風味が落ちています。魚を選ぶときは、ドリップの起こっていないものを選びましょう。家でも魚を冷凍して使う場合は、冷蔵庫で自然解凍しましょう。

    白身魚(たら、鯛)、切り身を買う場合は、身に透明感があるものを選びます。

    赤身魚(まぐろ、かつお)、たいてい切り身で買いますが、赤の色が深いものを選びます。筋が平行に入っているものがよいでしょう。

    青魚(さんま、さば)、さんまは口先が黄色いものが油が乗っている証拠です。さばは足が速いので早めに食べましょう。

    あさり、殻にぬめりがあって、模様がはっきりしているものがおいしいでしょう。冷凍する場合は、砂ぬきして水気を切ってからにします。

    この様なポイントをしっかり踏まえた上で魚介類をえらんでみて下さい!

    本日もご観覧ありがとうございました♪
    横浜みなとみらいでパーソナルトレーニング・プライベートジムと言えば!!SecretBay’sFIT!


今ならトレーニング
無料体験実施中!

Copyright(C) Secret Bay’s FIT All Right Reserved